信用情報機関についてまとめています。

信用情報機関とは

金融機関からお金を借りるときやクレジットカードの申し込みをするときには、必ず審査がありますね。審査に落ちたことがある人もいらっしゃると思います。私も以前、ある銀行のクレジットカードを申し込んだときに審査に落ちてしまいました。

一度審査に落ちていると、審査は嫌なものですが、貸す側にすれば、貸し倒れはしたくないので、その人の信用性と返済能力を確認するのは当然のことですね。

借り入れの申し込みの際には、他社からの借入件数や借入残高も申告しなければなりませんが、どうせわからないだろうと思って少なめに書くと確実に審査に落ちてしまいます。なぜなら、その人の借り入れ状況を含めた信用情報はすべて、信用情報機関に登録されているからです。金融機関は、お金を貸す時に信用情報機関に信用情報が登録されることを説明し同意を求めてからしか貸せないので、今まで金融機関からお金を借りたことのある方やクレジットを利用したことがある方なら、信用情報はすでに信用情報機関に登録されています。

信用情報機関とは

それで、借り入れの申し込みがあると、金融機関は、自分が会員となっている信用情報機関に問い合わせをして、その人の信用情報を確認します。もし、事故情報があれば、融資は見送られてしまいます。

信用情報機関には、全国銀行個人信用情報センター、株式会社シー・アイ・シー、株式会社日本信用情報機構(JICC)があります。債務整理や破産申立、延滞などの情報は5年間信用情報機関に保存されます。全国銀行個人信用情報センターの場合、官報に公告された破産・民事再生手続開始決定等の記録は10年間残ります。また、これらの情報機関は互いの信用情報を共有しています。また金融機関でも複数の信用情報機関の会員になっている場合があります。

ですから、申し込みフォームには正確に正直に記載してください。また、無事審査に通ってお金を借りられたら、遅延や延滞がないように約定日にきちんと返済しましょう。借入状況が良好であれば、信用情報にも有利な記録として残り、今後の借り入れもスムーズにできます。

信用情報機関のことがわかりやすく紹介されているサイト→家族に内緒でお金借りれる!専業主婦OKのカードローンまとめ